ネットワークビジネスで、国に頼らない生活を

500px-I街頭演説会

 

ネットワークビジネスの話の前に、ちょっと気になったことを。

2014年12月14日に行われた、衆院選の投票率は、52.66%と戦後最低の投票率だったとのことです。

選挙に行かなかった人の理由は、

「どこの政党が政権獲ったって、私達の生活は変わらない。」

「景気が回復と言っても、その恩恵を受けるのは金持ちだけ。」

言わせて頂きます。選挙は私達の生活を良くする人を選ぶ場所ではありません。

何処の国と同盟を結ぶのが、日本にとって良いか?
何処の国との同盟を重視してる政党かを選ぶのが選挙です。

本来は、自分の国のことは自分の国でやるべきなのですが、現実問題、アメリカ・ロシア・中国のどれかと同盟を結ばないとやっていけない状況です。

結論から言いますと、この3つの国の何処を選んでも、私達にとって良いことはありません。

比較的、マシな国との同盟を重視している政党を選ぶ場所と割り切りましょう。

個人の生活は国任せではなく、個人の力で良くしていこうではありませんか?

その方法として魅力的なのがネットワークビジネスです。

個人の力で生活を良くすると言うと、起業することが頭に浮かびますが、起業には莫大な資金が必要です。

でもネットワークビジネスであれば、そこそこの入会金(5,000円~20,000円くらい)でビジネスの一部になれるのです。

国任せにしては、私達の生活が良くなるのは100年以上後です。

良い生活を手に入れたいのであれば、ネットワークビジネスという手があります。

 

政治家の政策には頼らない。そんな暮らしを手に入れる方法とは?