ネットワークビジネスで「100匹目の猿現象」を!!

 

lgf01a201405301500

ネットワークビジネスの話の前にちょっと小話を。(^人^)

皆さんは、船井総研グループの総帥・船井幸雄さんをご存知ですか?

その船井幸雄さんの、世の中の流れを良くする現象に、「100匹目の猿現象」 というものがあります。

少し説明させていただきますと・・・・ 京都大学の研究所が、宮崎県串間市の幸島で、20匹の猿の餌付けに成功しました。

猿は芋をもらうと、泥を手や身体で落としていました。

ところが次の年に、1匹の雌猿が、芋を川の水で洗って食べたのです。

猿の口コミ(?)か、水洗いの行動は広まっていき、5年後には75%の猿がまねしたのです。

話はここから急展開になります!!

なんと!!幸島から300kmも離れた大分県の高崎山の猿たちも、芋を水で洗って食べ始めたのです。

そして日本各地の猿たちが水荒いして食べるようになったのです。 何でそんなに遠くまで広まったのか?もちろん幸島の猿が出張して教えたわけではありません。(笑)

多分、こんな理由が考えられます。

①1匹の猿の新しい行動を、真似する猿が出始める。

②それがある臨界点にたっすると、他の場所の猿たちにも伝播してゆく。

これを「100匹目の猿現象」と言うのです。

良いことの波動は、伝播のようにこうして広がっていくのです。

私が言いたいことはもうお解かりですね?

そうです。「100匹目の猿現象」こそが本来のネットワークビジネスのありかたなのです。

ネットワークビジネスの悪いイメージが出来てしまったのは、「100匹目の猿現象」を無視した人が多かった為、良い波動が生まれなかった為でしょう。

ネットワークビジネスの原点に戻って、「100匹目の猿現象」で成功しようではありませんか!!

良い波動を広める集客法がここに!!