ネットワークビジネス。イベント会場でダウンラインを守れ!!

 

ijime-320x233

人間という生き物は、自分より大人しい人・文句を言わない人・気の弱い人を発見すると、暴力的な本心が剥き出しになってしまうのでしょうか?

ネットワークビジネスの成功者が少ない原因も、この人間の野蛮さと無縁ではありません。

では、ダウンラインに稼がせたい。だから仲良くする。そんなネットワークビジネスの何処でいじめが発生するのか?

それはイベント会場です。
イベント会場は色んな地域の色んなグループの人達が集まります。

そして参加者の8割以上は成功出来ていない人達です。
その中には汚い方法を使ってでも、ポジションアップを考える人がいるのです。

イベント参加者に気の弱そうな人を発見すると、言葉巧みに親しくなる試みをします。

目的はその人から製品購入ポイントの横取りです。

その気の弱い人が製品を購入するときに、自分のID番号を言わせて購入させるのです。

「俺のIDで製品購入しないと殴るぞ。」
なんて、露骨な言い方はしません。グレーゾーンの範囲で脅迫するのです。

実際に某ネットワークビジネスイベントであったことですが、趣味の話で会話を弾ませ、その中に、

「私、空手弐段でさぁ、勿論普段は暴力は嫌いなのよ。でもこないだ夫婦喧嘩で旦那を叩いたら鼻の骨折っちゃって。(笑)」
「私って怒らすと恐いみたい。(笑)」

という会話のしばらく後に、

「次のイベントまでにポジションアップしたいのよ。でも1000ポイント足りないの。だからさぁ、私のID番号で製品購入してくれない?」

と。
その前に話した内容が脅迫的に頭に入っているので、恐怖心から言うことを聞いてしまうのです。

では、自分のダウンラインが、そういう目にあっているのに気付かないのはどうしてか?

ネットワークビジネスイベント会場の席が、最前列は年収1億グループの席。その次の列は年収3000万以下の席。その次は1000万以下の席。そして成功出来てないその他大勢は後ろの席となります。

つまり後ろの席で何が起きているのかに、目が入ってません。
休憩時間も、他のグループの成功者達との会話に夢中になっている有様なのです。

あなたのダウンラインを守れるのはあなただけです。
ダウンラインを責任もって守れれば、もっとあなたを信頼し、もっと成功に近づきます。

え?喧嘩に弱い私には守る力が無い?大丈夫!!力の強さに関係無くダウンラインを守る方法がありますから。

ダウンラインを守り皆で成功者に。その方法とは?