ネットワークビジネスとは、製品の流通を目的にしたもの

人脈を使わず、毎月50人のMLM賛成派と知り合いになれる方法とは?

lgf01a201406090500

ネットワークビジネスの目的は何か、ということを考えると、「ネットワークビジネスとは?」の対する答えが見えてきます。

簡単に言うと、製品を流通させることなんですよね。

え?お金儲けだと思ってたって?

そこの誤解を解くために、今日は「ネットワークビジネスの目的とは」についてお話ししましょう。

私たちがネットワークビジネスを頑張ると、誰が報酬を支払ってくれるかというと、そのネットワークビジネスの主催企業です。

ということは、ネットワークビジネスの企業の目的通りに私たちが行動を起こした時に報酬がいっぱいもらえるということです。

企業は、商品がたくさん売れるとうれしいですよね。

だから、私たちは、その企業の目的通り、広く大勢の人が製品を買うように頑張っているわけです。

当たり前?

そうですね~確かに。

一方、ネットワークビジネスのシステムを持っていない企業は、このシステムの代わりに大中小の小売り業者に売ってもらったり、通販の仕組みを自ら持ったり、販売のうまい業者に委託したりしているんですよね。

製品のコストに加えて、配送や倉庫に置いておく費用は莫大です。また、店舗で売れ残った製品を回収したり、これもばかになりませんよね。

また、テレビでコマーシャルをしたり、タレントにイメージガールになってもらったりするんじゃないですか。

私も、よく知らないですが。。。無駄が多いから、製品も割高になっています。

もうちょっというと、製品の価格の割に粗悪なものが多い ・・・本人にはいわないでね~(~_~;)

要するに、製品というものは、作っておいただけでは売れませんから、売れる仕組みを頭をひねって考えたわけですよ。

そうして頭をひねって考えた結果が、ネットワークビジネスなんです。

このネットワークビジネスに参加するのに、何も資格はいらないのです。

資金も、事業届も、契約金も要りません。どんな人でも、製品を愛用していさえすれば、製品を口コミで伝えて販売をすることができるというもの。

足と口があれば、誰でもできます。

ですから、このシステムが生まれた当初、愛用者が同時に、販売員を兼任してお金を稼げるという、それはそれは画期的なビジネスだったわけです。

この報酬をいただくには、主催企業の目的に沿って、愛用者を増やす、つまり製品を喜んで購入する人たちを増やしていくだけでいいんです。

ビジネスとして魅力を感じてネットワークビジネスに縁したとしても、大きく成功するためには何をしなければならないか、わかってきましたね。

日本中、世界中に、製品を愛する人をわんさか増やしていくことを目的に動いていれば、流通組織は大きくなり企業からは、報酬をより多くもらえるようになります。

人脈を使わず、毎月50人のMLM賛成派と知り合いになれる方法とは?