MLMビジネス2%しか知っているようで知らない事実とは!

インタ-ネットを利用した集客法を限定公開!

lgf01a201406141900

 

「ネットワークビジネス」とは何か、

 

基本的には商品を店舗や通販で売るのではなく、所属する会員が自分の人脈等
を使って販売していくというシステムです。

 

会社によって多少の違いはあるものの、共通のシステムとして会員制であり、
会員間に親子関係があり、子会員の売上の一部が親会員に支払われるのが特徴
としてあります。

 

子会員を増やすことが大幅な収入アップのためのなりますので商品の売上額が
多ければ多いほど報酬をたくさん貰うことができ、さらに下の階層の人の

 

売上額からも報酬をもらうことができます。
会員は自分の組織を作るために一生懸命がんばります。
そのために一部で強引な勧誘や催眠商法まがいの行為が行われることもあるようです。

 

ネットワ-クビジネスまたはMLM(マルチレベルマ-ケティング)は、
あくまで俗称です法的には特定商取引法の第33条で定義されている
販売形態をさし連鎖販売取引のことでMLMは正当なビジネスなのです。

 

しかし今だに“ネズミ講・マルチ商法でしょ”と勘違いされています。
このMLMの販売形態は店舗は必要ありません、口コミで販売しますので
宣伝広告費を掛けなくて済み、販売コストを低く抑えられるために
利益が出やすい販売法法になっています。

 

しかし、多くの報酬プランはピラミッド型ですので高い段の人は低い段の
方が多ければ多いほど高収入になります。
ピラミッド型ゆえにネズミ講の様に思われ、最後には組織が作れなくなると
いわれます。

 

では、MLMとネズミ講及びマルチ商法との違いはどこにあるのでしょう?

 

MLMとマルチ商法の違いは何でしょう。
MLM(ネットワ-クビジネス)とマルチ商法は法的には同じ連鎖販売取引
になりますので同じと言うことになりますが、マルチ商法は今だに悪徳商法
をしている業者がいるため、MLM販売業者は法的には同じ扱いでもマルチ商法
と言う言葉を嫌いマルチ商法とは違うと言うようです。

 

MLMとネズミ講の違いはどうでしょう。
販売目的が違います、ネズミ講は金品の受け渡しが目的になりますが、MLM
は商品の販売が目的になります、法的にもMLMは“連鎖販売法”に則ったもの
で合法ですが、ネズミ講は法的には“無限連鎖講”と呼ばれ“無限連鎖防止法”
によって禁止されています。

 

結論はネズミ講は完全に違法になりますが、MLM(ネットワ-クビジネス)は
合法ということです。

 

世界経済が不安定な中、組織や時間に縛られない副業としてのネットワーク
ビジネスに取り組むかたが急増しています。

現在私が参加しているネットワ-クビジネスはインタ-ネットを利用した
勧誘方法です。

インタ-ネットですとタ-ゲットは無限ですし、尽きることはありません、
人脈が有ろうと無かかろうと、田舎に住んでいようが、
国外に住んでいようが問題ありません、
インタ-ネットさえ接続できればネットワ-クビジネスで成功できます。

 

インタ-ネットを利用した集客法を限定公開!