ネットワ-クビジネス法律と違反行為との密接なる関係とは!

誰にでも出来るネットワ-クビジネス成功ノウハウ限定公開!

a0960_005504

ネットワ-クビジネスに取り組むにあたり、最低限知っておかなければ
ならない、法律があります。

 

ネットワークビジネス活動で、最も犯しやすいのは、特商法という法律でしょう。
慣例として悪気なく行っている人がいいますが、指摘されれば、それは違反行為になります。

 

口コミ勧誘ビジネスの全盛時代から、単に“すごい、いい情報があるのよ”
“とても儲かるいい話があるのよ”、などと言って相手に興味を持たせ、
「内容について説明せずにセミナー・事業説明会に連れて行く」
という手法があります。

 

一般的に“何でもいいので、とりあえず会場に連れてきてくれ”
と指導しているネットワ-クビジネスの会社もあるようですが、実はこれら
も厳密には違法行為になる可能性があります。

 

○勧誘前にネットワークビジネスの勧誘であること。
○会社名・ビジネス名。
○扱う商品やサービスについて明らかにしなければならない。
と定められています。

 

また、勧誘したいがためにセ-ルスト-クが知らず知らずのうちに、
オ-バ-ト-クになってしまい、法律に違反してしまっていることも
あるのではないでしょうか?

 

契約に関して不適切な説明をした場合には、
契約が無効になったり、損害賠償を請求されることもあります。

 

このような行為を違法行為と認識せずに行っている
ディストリビューターは非常に多く、
中には違法行為であることは承知の上で確信犯で
行っているディストリビューターもいるようです。
具体的な法律違反として、代表的なものをあげますと。

 

○ 特定商取引法違反

○ 薬事法違反

○ 消費者契約違反

 

日常的に上記の法律に触れる違反が行われているのも
ネットワークビジネスが悪徳マルチ商法、マルチまがい商法などと、
今だに悪徳商法として語らているのが現実ではないでしょうか?

 

“必ず儲かる”
“必ず返金されるので万が一の場合にも心配ない”
などというように、契約を結ぶ際、事実に反する説明を行って勧誘すると、

 

特定商取引法違反に該当する可能性があります“必ず儲かる”
ビジネスなど存在しませんし、返金補償のあるビジネスプラン
にしても、、主催している会社が倒産しないとは言いきれませんのできちん
とリスクに関して説明しなければなりません。

 

ネットワ-クビジネスの法律に関する違法な行為は、会社やネットワーク
ビジネス業界全体に対しても迷惑がかかる行為となりかねませんので、
最低限の上記の法律違法行為には、くれぐれも気をつけて活動をしていかな
ければなりません。

 

誰にでも出来るネットワ-クビジネス成功ノウハウ限定公開!